離婚の流れと種類

協議離婚

離婚は、配偶者の双方が合意をすれば、役所への手続きだけで成立します。日本の場合、約9割が協議離婚です。注意したいのは、財産についての取り決めをうやむやにしたまま進めてしまうこと。後のトラブルを防ぐためにも、詳しい内容を公正証書に残しておきましょう。

調停離婚

当事者同士で解決できない場合は、専門家による調停委員を交えた話し合いの場で、意見調整を行っていきます。日本は「調停前置主義」を採っていますので、一足飛びに裁判を起こすことはできません。

審判

離婚そのものは合意できていても、お金の問題や親権などの条件面で折り合いが付かない場合は、その判断を裁判官に委ねることが可能です。ただし、結果には従う必要があり、それぞれの希望が考慮されない可能性もあります。

離婚訴訟

離婚が成立するかどうかを、裁判で争う方法です。調停でも結論が出なかった場合にのみ利用することができます。一般に長期化する傾向があり、スムーズに進んだとしても、1年ぐらいは見ておいた方がいいでしょう。

相談を迷っている方へのメッセージ

複雑な手続きをサポートするとともに、ご依頼者の主張が認められやすくなるアドバイスをいたします。場合によっては、証拠集めから始める必要もあるでしょう。相手方に警戒されないためにも、早めのご相談を心がけてください。

初回30分無料相談受付中 メールの無料相談はこちら
弁護士ブログ 離婚カウンセラーブログ Q&Aブログ オフィシャルサイト