離婚を迫られている方

こんなお悩みありませんか?

当所に相談するメリット

弁護士の対応

離婚を決意しているのか、あるいは別れたくないのかで、その後の行動が変わってきます。当事務所にご相談いただければ、裁判で争った場合の見立てをいたしますので、主観を交えない観点を保つことができるでしょう。

カウンセラーの対応

自分では分かっていることでも、配偶者から面と向かって指摘されると、どうしても反発したくなるものです。私が第三者の立場になり、客観的な意見をご提示しますので、ぜひ参考にしてみてください。インターネットで得られる情報よりも、より実情に合わせた「生の声」をお届けします。

お金の問題、子どもの問題

お金の問題

離婚を求められているケースでの主な争点は慰謝料でしょう。ある程度の相場がありますので、法外な請求には応じる必要がありません。また、相手方が浮気をしているにも関わらず、その原因をこちらに押しつけてきた場合には、うのみにせずにご相談ください。弁護士が有責性を判断いたします。

子どもの問題

離婚が成立すると、本人同士は「法律的な他人」になりますが、親子関係まで消滅することはありません。当事者同士の問題をお子さんに負担させるべきか、じっくり話し合ってみてはいかがでしょうか。相手に対するのと同じ目線を子どもにも向けるのは、何とも悲しいものがあります。

カウンセリング事例

離婚を迫られているからには、きっと、それなりの理由があるはずです。多くの場合、ご本人は被害者モードに入っていますので、自己分析することが難しいでしょう。きつい言い方をしていなかったでしょうか、逆の立場だったらどう感じたでしょうか。現在の性格を形成した土台を探り、そこから派生している言動をひもといていきます。

よくある質問

Q

こちらが悪くないのに離婚を迫られた場合、放っておくとどのようなリスクがあるのですか?

A

リスクはほとんどないと考えて結構です。ただし、本人の気持ちがどこまで保てるかは、別問題といえるでしょう。

Q

すでに妻との別居が始まっているのですが、どのくらいの期間がたつと離婚が認められてしまうのでしょうか?

A

一概にはいえません。別居期間のほか、生活を共にしていた年数や未成熟子の有無などを総合的に判断する必要があります。無料相談をご利用いただければ、個別のケースに対して、ある程度の見立てをご説明いたします。

Q

部下の女性と親しげに交流している様子を見かけた妻から離婚を迫られました。妻の誤解を解こうにも話を聞いてもらえず調停を起こされてしまいました。このまま本当に離婚になってしまうと思うととても心配です。

A

「ある事実がなかった」ことを証明するのは非常に難しく、「悪魔の証明」などといわれたりもします。不貞行為の誤解を晴らすには誠意をもって説明しつづけるしかありませんが、奥さんの側で不貞行為を立証しないかぎり、裁判所で一方的に離婚が認められるということはありません。あなたが「悪魔の証明」を成し遂げる必要は無いのです。でも、誤解を晴らすのは並大抵の努力ではすまなそうですね。誠意をもって頑張って下さい。

Q. こちらが悪くないのに離婚を迫られた場合、放っておくとどのようなリスクがあるのですか?

A.リスクはほとんどないと考えて結構です。ただし、本人の気持ちがどこまで保てるかは、別問題といえるでしょう。

Q. すでに妻との別居が始まっているのですが、どのくらいの期間がたつと離婚が認められてしまうのでしょうか?

A.一概にはいえません。別居期間のほか、生活を共にしていた年数や未成熟子の有無などを総合的に判断する必要があります。無料相談をご利用いただければ、個別のケースに対して、ある程度の見立てをご説明いたします。

相談を迷っている方へのメッセージ

「売り言葉に買い言葉」を繰り返していては、いつまでも闘争態勢が収まらないでしょう。争うべきなのか、それとも話し合いを呼びかけるべきなのか、時間をかけて慎重に見極めることをお勧めします。離婚に応じることはいつでもできますので、2年ほど観察期間を置いてみてはいかがでしょうか。モチベーションを維持していく方法や会話の進め方などは、カウンセラーにご相談ください。

初回30分無料相談受付中 メールの無料相談はこちら
弁護士ブログ 離婚カウンセラーブログ Q&Aブログ オフィシャルサイト