カウンセラーブログ

2018.06.23更新

こんにちは 志摩法律事務所の夫婦・離婚問題カウンセラー松本直美です

 

 離婚を悩まれる際に

 

多くの方は

 

修復も視野に入れて

 

様々な検討を試みます。

 

 離婚の理由は様々ですが

 

「価値観が違う」とおっしゃる方も多いです。

 

 この「価値観」という言葉を

 

表面的に捉えたり

 

体裁を繕うために利用してしまうと

 

誤った結論を導きかねません。

 

とても慎重に注意が必要です。

 

 では

 

どんな注意が必要なのでしょうか。

 

 「価値観」というと

 

お金や所有物に関する物質的な考え方や

 

休日をどう過ごすか?

 

どんな映画や小説が好きか?

 

といった形では表現の出来ない

 

無形の価値観もあります。

 

 いずれにしても

 

自分にとって有益であったり

 

気分が良くなるものかそうでないもの

 

つまりは「好きか嫌いか」

 

という振り分けになろうかと思います。

 

 とても仲の良く見える

 

夫婦がいるとします。

 

 妻はとても献身的で

 

傍目から見れば常に行動を共にして仲睦まじく

 

夫に従順な妻。

 

理想の夫婦に見えるかと思います。

 

 しかし

 

その関係性が共依存であったら、

 

それは本当に仲睦まじい

 

微笑ましい関係なのでしょうか。

 

 夫(または妻)の言うことが

 

間違っているとしても指摘もできず

 

賞賛のシャワーを浴びせ続ける。

 

「あなたはすごい」「あなたは素晴らしい」

 

そう思わなくてもそう言い続ける。

 

やがて

 

ココロも思考も

 

洗脳されたかのように

 

「パートナーはすべてが正しく素晴らしいのだ」

 

と思い込むようになる。

 

 これでは

 

双方に人としての成長する機会が奪われます。

 

 お互いが

 

精神的に足を引っ張りあう状態。

 

 それでも表面的には

 

「価値観が合う」となってしまいます。

 

互いが成長できない関係が

 

本来の夫婦円満なのでしょうか。

 

 パートナーからの指摘や小言のすべてが

 

あなたを嫌いだから言っているのでしょうか。

 

 あなたが欲しいのは

 

自分の耳心地の良い言葉だけでしょうか。

 

 それは相手を

 

自分の都合に合わせているだけではありませんか?

 

 価値観が違うと離婚を考える前に

 

その価値が

 

自分の思い通りにならないからなのか否か

 

検討する必要はあるでしょう。

 

 人生における価値観とは

 

好きか嫌いかという薄っぺらいものではなく

 

困難なことがあっても

 

自身が成長し

 

その成果をさらに活用し

 

周囲にもシェアできる豊かさも必要かと考えます。

 

 表面的な現象に囚われることなく

 

試練の際に損得勘定ではなく

 

何を学び何を得ることが出来たのか

 

パートナーとして

 

相応しいのか相応しくないのかを

 

見極める冷静さと

 

賢さを忘れないで頂きたいと思います。

 

そうでないと

 

将来的に

 

同じような危機に陥った時に

 

同じような転び方をしかねません。

 

離婚・夫婦問題・養育費・慰謝料でお困りの方は
川越・富士見市エリア
東武東上線ふじみ野駅徒歩3分
初回法律相談30分無料
夫婦・離婚問題カウンセリング対応の法律事務所
志摩法律事務所へご相談下さい
℡ 049-256-8080(予約制)
平日9:00~18:00 土曜日9:00~13:00

投稿者: 志摩法律事務所

2017.09.30更新

こんにちは 志摩法律事務所の夫婦・離婚問題カウンセラー松本直美です

 

本日は不倫問題のお話しです。

 

 はじめに私は

 

不倫問題に対して

 

否定もしなければ肯定もしません。

 

これはカウンセラーとして

 

個人活動においても一貫している

 

私の姿勢でもあります。

 

今や

 

マスコミを賑わすいわゆる「不倫」問題。

 

政治家、有名人の話題ともなれば

 

大騒ぎになります。

 

法律事務所においても

 

不貞の相談や訴訟等

 

時代に関係なく

 

一定の割合で案件があるように感じおります。

 

特に携帯電話、スマホ、SNSが発達した今

 

実際に問題となっている件数のほかに

 

潜在的な件数を思うと

 

もはや

 

一体どれくらいの不倫問題が存在するのでしょうか。

 

不倫をする動機に対しては

 

男性と女性では違いがあるように感じます。

 

男性の場合は

 

軽い気持ちの延長で

 

問題に至ってしまった

 

ということが多いように感じますが

 

女性はというと

 

不倫をする段階で

 

もう腹を括っているというか

 

覚悟が出来ている印象がございます。

 

お話しを伺うと

 

日ごろのご主人への不満

 

自分を気遣うどころか

 

ないがしろにされたという思い

 

このまま誰からも

 

大切にされずに終わっていくのか

 

という絶望的な思いを抱えた中で

 

出会う異性からの優しい態度や言葉

 

この人とならば

 

私の人生をやり直すことが出来る!

 

この人ならば

 

私のすべてを受け止めてくれるはず!

 

絶望にも似た環境にいるほど

 

その希望の光は輝かしく

 

そしてその世界は魅力的でもあります。

 

「出会う順番を間違えた」

 

というフレーズもよく使われる言葉でもあります。

 

さて

 

どうしてこのようなケースが後をたたないのでしょうか。

 

結婚とはそもそも

 

与えられるばかりではないはずです。

 

私がこんなに頑張っているのに

 

相手は~をしてくれないとか

 

どうして

 

私だけが~をしなければならないの

 

という不満があるとします。

 

これは日常的に

 

些細なことでも思うことがあるかもしれません。

 

しかし

 

自分が家庭や相手に対して行動したことを

 

そのクオリティと同様ものを求めるというのは

 

単なる取引ではないでしょうか。

 

また

 

こんなに頑張ったのに報われません!

 

というのは報酬が欲しかったのでしょうか。

 

愛とは取引でもなければ、報酬でもありません。

 

日ごろの家庭生活での不満である

 

取引が成立しない

 

報酬がもらえない

 

という心の痛みを

 

不倫で解消するとするならば

 

不倫は痛み止めとしての作用はありますが

 

痛みそのものを解消するには至りません。

 

また

 

痛み止めを

 

解決策として選択してしまえば

 

同じ痛みが現れた時に

 

さらに痛み止めを使って解決しようとしてしまいます。

 

いわゆる不倫を繰り返す

 

というのがこういう構図があるのではないでしょうか。

 

身近にケースがなくても

 

ワイドショーやマスコミを賑わす

 

不倫疑惑といった問題に

 

「繰り返す」パターンが存在することを思うと

 

ご納得いただけるのではないかと思います。

 

不倫は

 

「出会う順番を間違えた」のではなく

 

「その順番だから出会った」とも言えると思うのです。

 

冒頭私は

 

不倫に対して肯定も否定もしない

 

と申し上げましたが

 

お悩みになる方の心の痛み止めとして

 

不倫というアイテムが必要であったならば

 

その原因をともに探りながら

 

痛み止めを使うことより

 

痛みをなぜ感じるのか

 

ご自身が振り返りの作業を通して

 

どの道を選択するのか

 

そこに寄り添うスタンスを貫くためです。

 

どの道を選択するにしても

 

良い悪いはありません。

 

人知れずお悩みになっているケースも多いかと思います。

 

是非とも

 

ご自身に問いかけてみて下さい。

 

あなたにとっての愛とは何ですか?

 

あなたの心の痛みはどんな痛みでしょうか。

 

そして

 

その痛みを取り去るために本当に必要なものは一体何でしょうか。

 

 

離婚・夫婦問題・養育費・慰謝料でお困りの方は
川越・富士見市エリア
東武東上線ふじみ野駅徒歩3分
初回法律相談30分無料
夫婦・離婚問題カウンセリング対応の法律事務所
志摩法律事務所へご相談下さい
℡ 049-256-8080(予約制)
平日9:00~18:00 土曜日9:00~13:00

投稿者: 志摩法律事務所

2016.06.07更新

こんにちは 志摩法律事務所の夫婦・離婚問題カウンセラー松本直美です

 

「大人の発達障害」という言葉を

 

耳にする機会が増えてきたように思います

 

発達障害やアスペルガー症候群の

 

パートナーを持ち

 

その方との情緒的な触れ合いや

 

やりとりが

 

スムーズに行かなかったり

 

時には

 

パートナーの

 

思いもしないコトバや言動に傷ついてしまい

 

自分に自信を持てず

 

ココロも身体も疲れ果ててしまう

 

そのような状態を

 

カサンドラ症候群といいます

 

社会的には

 

問題なく仕事をこなすパートナーでも

 

家庭内では

 

察することが苦手であったり

 

自分のことしか考えられなかったり

 

そのような日常に疲れてしまい

 

結婚生活を継続することが

 

困難になってしまう

 

周囲に相談をしても

 

なかなか理解をしてもらえず

 

苦しさの渦から

 

抜け出すことが出来ない状況を思うと

 

切ない気持ちになってしまいます

 

たとえば

 

食事のシーンで

 

せっかく作ったお料理について

 

おいしいとも何も言ってもらえない

 

毎回毎回

 

褒めてもらいたい気持ちはなくても

 

「おいしい」「嬉しい」「楽しい」

 

と言った

 

感情のやり取りが出来ない日常は

 

本当に苦しいと思います

 

これ以上結婚生活を続けたくない

 

または

 

なんとか結婚生活をうまく存続していきたい

 

どちらの答えも間違っていません

 

カサンドラ症候群になって

 

身体の健康を取り戻すためには

 

お医者さまに診てもらうかもしれません

 

離婚を選択なさるならば

 

弁護士に依頼をするかもしれません

 

いずれにしても

 

お医者様も弁護士も

 

それぞれの目的のために

 

面談をすることでしょう

 

その経過の中で

 

思い起こされる辛かったエピソードや

 

誰かに聞いてもらいたい話など

 

おそらくいろいろなお気持ちが

 

湧いてくることかと思います

 

「これは治療には必要ないかもしれない」

 

「これは調停(あるいは裁判)には必要でないかも?」

 

「先生は忙しいのだから、余計なことを話しては迷惑がかかるかも?」

 

たとえ調停や裁判として

 

事件が進行していっても

 

なんとなく気持ちが重い

 

ということもあるかもしれません

 

さまざまなケースに対応してきた経験上

 

共通していることは

 

どなたも「とにかく話しを聞いて欲しい」

 

というお気持ちでいらっしゃいます

 

そのために

 

当事務所では

 

夫婦問題、離婚問題のカウンセリングを行っています

 

事件として受任していなくても

 

カウンセリングだけでも対応いたしております

 

ココロのリカバリーのためには

 

専門家の知識や指導もとても大切ですが

 

まずはお話を聞く

 

これがとても必要なことと感じております

 

 

~聴いて!

 

私が頼んでいるのは

 

耳を傾けてくれて

 

話をしないで

 

ひたすら聴いてくれること。

 

助言なら楽に手に入る。

 

20セント出して

 

新聞ひとつ買いさえすれば

 

名の通った人生相談がいくつも載っている。

 

それに自分だけでも解決できる。

 

無力なわけではない~


これはDV被害者支援の中で出会ったサバイバーのコトバの一部です。

 

「話しを聴く」

 

ということがいかに必要なことなのか

 

私は

 

癒しのカウンセリングをするためにも

 

このフレーズを

 

時々思い起こしております

 

離婚・夫婦問題・養育費・慰謝料でお困りの方は
川越・富士見市エリア
東武東上線ふじみ野駅徒歩3分
初回法律相談30分無料
夫婦・離婚問題カウンセリング対応の法律事務所
志摩法律事務所へご相談下さい
℡ 049-256-8080(予約制)
平日9:00~18:00 土曜日9:00~13:00

投稿者: 志摩法律事務所

初回30分無料相談受付中 メールの無料相談はこちら
弁護士ブログ 離婚カウンセラーブログ Q&Aブログ オフィシャルサイト