カウンセラーブログ

2020.02.22更新

 

こんにちは 

 

 志摩法律事務所の夫婦・離婚問題カウンセラー松本直美です。

 

 夫婦関係の修復か?離婚か?

 

カウンセリングでは

 

決断に至る前の段階で

 

お話しを伺う機会が多くございます。

 

時にはご自身で決められない状況になり

 

「私はどちらを選べばいいのでしょうか」と

 

混乱してしまうケースもあります。

 

人生において

 

正解不正解はありません。

 

良い悪いはありません。

 

離婚を選択しても

 

修復を選択しても

 

いずれかの選択を

 

途中で変更しても

 

間違いなどはないのです。

 

今や配偶者が不倫をしたとなれば

 

「許せない」

 

「信じられない」と

 

多くの世間の人々が声をあげる時代になりました。

 

しかし

 

その多くの声の中に

 

あなたの正解はあるのでしょうか。

 

夫婦とは

 

楽しいときは

 

当たり前のように

 

その経験をシェアします。

 

そこに喜びがあります。

 

ところが

 

人生において辛く苦しいとき

 

配偶者が失敗したときも

 

当然遭遇します。

 

そこに生ずるのが連帯です。

 

その連帯を受け入れて

 

共に生きていくのが修復であり

 

その連帯から離れて

 

独立するのが離婚とも言えます。

 

連帯と独立

 

いずれかを選ぶのに必要なことは

 

「良い悪い」という世間のジャッジではなく

 

ご自身の覚悟です。

 

 

離婚・夫婦問題・養育費・慰謝料でお困りの方は
川越・富士見市エリア
東武東上線ふじみ野駅徒歩3分
初回法律相談30分無料
夫婦・離婚問題カウンセリング対応の法律事務所
志摩法律事務所へご相談下さい
℡ 049-256-8080(予約制)
平日9:00~18:00 土曜日9:00~13:00

 

投稿者: 志摩法律事務所

2020.02.08更新

 

こんにちは 

 

志摩法律事務所の夫婦・離婚問題カウンセラー松本直美です。

 

コロナウィルスの報道に伴う

 

「マスク不足問題」

 

そして

 

連日報道される

 

有名人の不倫報道から

 

ふと

 

「モグラのねがいごと」

 

というお話が重なるように感じました。

 

もぐら

モグラのねがいごと

ブリッダ・テッケントラップ 作

三原 泉 訳

BL出版

 

「せかいじゅうの星が、

 

ぼくのものに

 

なりますように」(本文まま)

 

そんなモグラの

 

その願いが叶うと同時に

 

困ってしまう森の動物たちのたくさんいるのです。

 

今の社会を見渡すと

 

不安な要素はたくさんございます。

 

先が見えない

 

正体がわからない

 

結果がわからない

 

そのような不安が蓄積されていくと

 

「退行化」

 

が起こります。

 

退行化とは

 

自分さえよければいい

 

という未熟であり

 

幼稚な思考です。

 

現在騒がれている

 

「マスク売り切れ」

 

「マスク転売」の問題

 

そして

 

傷つく人がいることが

 

わかっていながらの

 

不倫問題。

 

人を好きになることは

 

止められるものでもありません。

 

しかし

 

そこには

 

大人としての

 

流儀もあるでしょう。

 

「妻と別れるつもりだ」

 

というコトバを信じるならば

 

「別れてから出直してこい!」

 

くらい言い切ることが出来れば

 

腹も括り

 

潔さも感じます。

 

いずれにしても

 

何かが欲しい

 

自分のものにしたい

 

という欲望を前にして

 

それが本当に

 

必要なものなのか

 

モグラのねがいごとは

 

読み手にたいして

 

その答えを導き出す

 

ヒントを与えてくれてるかのようです。

 

ご来所の際に

 

お手にとって

 

お読みください。

 

 

離婚・夫婦問題・養育費・慰謝料でお困りの方は
川越・富士見市エリア
東武東上線ふじみ野駅徒歩3分
初回法律相談30分無料
夫婦・離婚問題カウンセリング対応の法律事務所
志摩法律事務所へご相談下さい
℡ 049-256-8080(予約制)
平日9:00~18:00 土曜日9:00~13:00

 

 

投稿者: 志摩法律事務所

初回30分無料相談受付中 メールの無料相談はこちら
弁護士ブログ 離婚カウンセラーブログ Q&Aブログ オフィシャルサイト