カウンセラーブログ

2017.01.28更新

こんにちは 志摩法律事務所の夫婦・離婚問題カウンセラー松本直美です

 

配偶者への思い

 

子どもへの思い

 

それぞれの理想を持ち

 

目標を持ちながら

 

家族という

 

コミニュティーが構成されます

 

子どもの成長が喜びとなり

 

何げない日常の1シーンでも

 

安らぎとなる

 

本来の家庭は

 

安全基地としての役割があります

 

そのためには

 

家族間の信頼や

 

感情的な愛着という絆があり

 

互いを思う心が不可欠です

 

ところが

 

この思いが強すぎたり

 

バランスが崩れると

 

安全基地としての

 

役割を果たせなくなるケースが溢れています

 

子どもへの期待が強すぎたり

 

思い通りの子育てが出来なかったり

 

配偶者の反応が自分の思い通りでなかったり

 

日常のイライラが積み重なると

 

そのイライラは家族へ伝染していきます

 

自分がこう育ったのだから

 

わが子にも同じ道を歩かせたい!

 

自分が苦労したのだから

 

子どもには同じ思いをさせてたくない!

 

それは親心として

 

ごく自然の考え方です

 

決して悪いことではありません

 

しかし

 

その生き方を

 

強要してしまうのは

 

子どもが

 

自らの人生を

 

選択する機会を

 

奪ってしまうことにもなりかねないのです。

 

その生き方だけが

 

全てと刷り込んでしまうのは

 


子どもにとっては非常に残酷なことです

 

それも

 

「この子のためだから」

 

という考えに支配されてしまえば

 

なおさら

 

親も子どもも苦しくなります

 

子どもは親の期待に応えることが

 

自分の幸せであり

 

親の幸せであると認識します

 

思い通りに進まなくなると

 

挫折感や喪失感を抱えます

 

しかし

 

成長の中で

 

本来ならば

 

挫折も喪失感も

 

経験をして大人になるのです

 

このうまくいかなかった時の

 

立ち上がるための経験さえも

 

大人が過剰に手を出したり

 

「代用品」を与えて

 

その感情と

 

向き合う経験を奪ってしまっては

 

もはや子どもは

 

自分の感情を

 

コントロールする機会さえ失ってしまいます

 

それが

 

自分にとってプラスになることなのか

 

マイナスになることなのか

 

与えすぎていては

 

考える機会さえないのです

 

気がつけば

 

自分は悪くない

 

周囲が自分を理解できないだけだ

 

という方程式が成り立ってしまいます

 

もともとは

 

子どもへの愛情が変化した形です

 

愛であることは確かですが

 

愛情の与え方が間違っているのです

 

その間違いに気づきがない限り

 

成人を過ぎても

 

子どもは挫折や喪失感を抱えるたびに

 

そこから立ち上がることが困難になります

 

では

 

本来の親の愛とは

 

どんなカタチなのでしょうか

 

私が思うのは

 

「自立」です

 

子どもはいつかは

 

親から離れて自立します

 

そのために

 

自由と責任を

 

子どもの成長に合わせて

 

与えていく

 

本当に必要なときには手を差し伸べるが

 

ここは見守ろう

 

という時は

 

そっと見守る

 

手を差し伸べないことは

 

見捨てることとは違うのです

 

幼い子どもが

 

自転車に乗れるようになりたいと

 

練習に付き合う親御さんも多いと思います

 

補助輪を外し

 

ふらふらと

 

危なっかしい姿に

 

自転車の後ろを持って

 

支えて差し上げることでしょう

 

やがて

 

コツを掴むと

 

スイスイと乗れるようになる

 

 

親の支えは必要なくなります

 

いつか転ぶのではないか

 

ハラハラしながら

 

いつまでも

 

どこまでいっても

 

自転車の後ろの部分を掴みながら

 

子どもの後を走って支える親御さんは

 

まず居ないでしょう

 

それでは

 

子どもも楽しくないし

 

何よりも

 

大人が疲れきってしまいます

 

そんなの当たり前だ

 

と思われるかもしれませんが

 

親子関係という中で

 

この自転車乗りのたとえのような

 

そんな親子関係に溢れています

 

転んで膝を擦りむけば痛いです

 

一度その痛さを経験すれば

 

次からが

 

転ばない方法を考えながら

 

自転車に乗るようになります

 

親がずっと自転車の後ろを支え続けていたら・・・

 

何かの拍子で転んだときに

 

「お母さん(お父さん)が支えてくれないからだ」

 

といいかねないかもしれません

 

愛とはお互いが自立し

 

お互いを尊重し

 

信頼するものです

 

それが絆です

 

一方

 

過剰なまでに変容した愛は

 

支配となります

 

支配は

 

選択する自由と

 

持つべき責任を回避させ

 

自己肯定感を奪い

 

家族のココロを蝕み

 

絆を脆くさせていきます

 

家族の絆と家族の病は

 

コインの裏表のように存在するものなのです

 

ふと

 

何気ない日常の中で

 

立ち止まり

 

考える機会がございましたら

 

ご自身の

 

愛というコインは

 

 

どちらを向いているのだろうか

 

どうぞ問いかけてみて下さい

 

 

 

離婚・夫婦問題・養育費・慰謝料でお困りの方は
川越・富士見市エリア
東武東上線ふじみ野駅徒歩3分
初回法律相談30分無料
夫婦・離婚問題カウンセリング対応の法律事務所
志摩法律事務所へご相談下さい
℡ 049-256-8080(予約制)
平日9:00~18:00 土曜日9:00~13:00

投稿者: 志摩法律事務所

2017.01.07更新

こんにちは 志摩法律事務所の夫婦・離婚問題カウンセラー松本直美です

 

 今年初めてののブログ更新となりました

 

本年もよろしくお願い申し上げますni

 

さて

 

今年の干支は酉bird

 

「取り込む」ということで

 

商売をなさっている方には

 

縁起が良いそうですheart2

 

商売に限らず

 

みなさま

 

それぞれ

 

今年はコレをやってみたいglitter

 

~が出来るようになりたいclover

 

という目標をお持ちになるかもしれません

 

私も

 

いろんな角度からの学びを通して

 

カウンセリングや

 

セッションに役立つために

 

自らの感性を育てていきたいと思いますnico

 

 

離婚・夫婦問題・養育費・慰謝料でお困りの方は
川越・富士見市エリア
東武東上線ふじみ野駅徒歩3分
初回法律相談30分無料
夫婦・離婚問題カウンセリング対応の法律事務所
志摩法律事務所へご相談下さい
℡ 049-256-8080(予約制)
平日9:00~18:00 土曜日9:00~13:00

投稿者: 志摩法律事務所

初回30分無料相談受付中 メールの無料相談はこちら
弁護士ブログ 離婚カウンセラーブログ Q&Aブログ オフィシャルサイト