カウンセラーブログ

2020.06.15更新

こんにちは 

志摩法律事務所の夫婦・離婚問題カウンセラー松本直美です。

 

当事務所は営業時間と初回法律相を変更いたしました。

 

営業時間 9:30~17:00(平日) 9:30~13:00(土曜日)

 

初回法律相談 1時間5500円(税込み)

 

債務整理相談は無料です。

 

 

経験したことのない

 

コロナの問題。

 

まだ収束はしておりませんので

 

新しい生活スタイルを意識しながら

 

日常や今までの習慣との

 

折り合いをどうしていくか

 

個人個人が課題になっていると思います。

 

緊急事態宣言下のなかで

 

沢山のニュースを見聞きしました。

 

陽気のよい季節ではあるものの

 

せっかく咲き始めた花を

 

人が来ないようにと

 

刈り取る作業にはココロが痛みましたし

 

自粛警察という言葉には

 

なにか

 

ピリピリとしたものを感じました。

 

この構造は何かに似てるな・・・

 

と思い出したのが

 

「聖なる予言」という小説。

 

人は4つのキャストを演じて

 

コントロールドラマを繰り広げるというもの。

 

コントロールゲームとはパワーゲームと言い換えられると思います。

 

そのキャストは

 

尋問者

 

脅迫者

 

被害者

 

傍観者

 

このいずれかを演じてる間は

 

人はコントロールゲームから逃れることが出来ない

 

とされています。

 

コントロールゲームとは

 

エネルギーの奪い合いです。

 

ステイホーム中

 

自然に触れることも

 

リフレッシュすることも

 

困難な状態でした。

 

エネルギーチャージが出来ない分

 

現象として現れたのが

 

人からエネルギーを奪い合う

 

このコントロールゲームだったように思います。

 

先の見えない不安

 

命にかかわる問題

 

経済的問題

 

まるで

 

マズローの欲求5段階説が

 

突然上下がひっくり返ったような

 

このコロナ禍において

 

本当に求められるものは

 

何なのか?

 

コントロールゲームを手放し

 

どのキャストも演じない自分であるためには

 

どうしたらいいのか?

 

ステイホーム中に考えてみました。

 

過去の習慣に執着せず

 

いろいろと

 

手放してみると

 

とてもシンプルで

 

居心地の良い自分と出会いました。

 

これからの時代は

 

競い合うことではなく

 

互いの存在を

 

認めること。

 

力強くメッセージとして降りてきます。

 

このような時期ではありましたが

 

オンラインシステムにて

 

マヤ暦と胎内教育の学びに

 

知識の駒を進めておりました。

 

新しい生活スタイルの中で出会った

 

新しい学びで

 

ワクワクしております。

 

離婚・夫婦問題・養育費・慰謝料でお困りの方は

川越・富士見市エリア
東武東上線ふじみ野駅徒歩3分
初回法律相談1時間5500円(税込み)

夫婦・離婚問題カウンセリング対応の法律事務所

志摩法律事務所へご相談下さい
℡ 049-256-8080(予約制)
平日9:30~17:00 土曜日9:30~13:00

投稿者: 志摩法律事務所

2020.03.14更新

こんにちは 

 

 志摩法律事務所の夫婦・離婚問題カウンセラー松本直美です。

 

ここ数年の間で

 

「愛着障害」

 

という言葉を耳にする機会が増えてまいりました。

 

出生前から始まる親と子の絆が十分でないと

 

将来の成長過程において

 

「育て難さ」となり

 

様々な問題の

 

源泉になり得ることが予測されます。

 

人はみな

 

認めてほしい

 

という承認欲求があります。

 

小さなお子様が

 

「見て見て」ni

 

「聞いて聞いて」gya

 

というのはその欲求であり

 

大人たちがそれに応えることで

 

自己肯定感が育まれ

 

「自分は存在するに値する」

 

という認識を持つようになります。

 

しかし

 

この過程を経験していないと

 

「自分は存在するに値しない」

 

という認識を持つようになり

 

人を信用しない

 

または支配することで

 

人を動かすことといった

 

行動をとることが懸念されます。

 

これは

 

子どもたちに限った問題ではありません。

 

大人である我々にとっても

 

この問題を抱えたまま

 

長い時間を過ごし

 

自分の性格や

 

性質の一部として

 

既に共存しているケースは溢れています。

 

50を過ぎたら、扱いにくい自分の性格や気質は自分の責任

 

これは私の考えです。

 

やりたいことが出来ないのはヒトのせいなのか?

 

言いたいを我慢しすぎて

 

事態が悪化するのは誰のせいなのか?

 

ちゃんとNOと伝えられているのか?

 

自分の存在意義を

 

他者からの評価として期待してはなりません。

 

家族問題にしろ

 

恋愛問題にしろ

 

職場の関係にしろ

 

やがて拗らせます。

 

その拗らせは

 

いわばトラブルメーカーともなり得ます。

 

では愛着障害だとしたら、

 

自分の人生はもうトラブルだらけなのでしょうか?

 

以前に私が学んだ

 

修復的愛着療法エバーグリーン心理療法センターの

 

マイケル先生とテリー先生は

 

受講の際に愛着障害の環境下で育った方へ

 

「あなたが悪いわけでない、たまたまそういう環境だったのだ」

 

そんな言葉を

 

セラピーの中で仰っておいででした。

 

誰もが無傷では育ちません。

 

自分の中にあるアンバランスなところ

 

直視したくない部分とも向き合い

 

自分と和解することが

 

様々な問題への解決方法になるのではないでしょうか。

 

だからこそ、人は何歳になってもやり直しができる

 

という言葉が存在するのだと思います。

 

離婚・夫婦問題・養育費・慰謝料でお困りの方は
川越・富士見市エリア
東武東上線ふじみ野駅徒歩3分
初回法律相談30分無料
夫婦・離婚問題カウンセリング対応の法律事務所
志摩法律事務所へご相談下さい
℡ 049-256-8080(予約制)
平日9:00~18:00 土曜日9:00~13:00

 

投稿者: 志摩法律事務所

2020.02.22更新

 

こんにちは 

 

 志摩法律事務所の夫婦・離婚問題カウンセラー松本直美です。

 

 夫婦関係の修復か?離婚か?

 

カウンセリングでは

 

決断に至る前の段階で

 

お話しを伺う機会が多くございます。

 

時にはご自身で決められない状況になり

 

「私はどちらを選べばいいのでしょうか」と

 

混乱してしまうケースもあります。

 

人生において

 

正解不正解はありません。

 

良い悪いはありません。

 

離婚を選択しても

 

修復を選択しても

 

いずれかの選択を

 

途中で変更しても

 

間違いなどはないのです。

 

今や配偶者が不倫をしたとなれば

 

「許せない」

 

「信じられない」と

 

多くの世間の人々が声をあげる時代になりました。

 

しかし

 

その多くの声の中に

 

あなたの正解はあるのでしょうか。

 

夫婦とは

 

楽しいときは

 

当たり前のように

 

その経験をシェアします。

 

そこに喜びがあります。

 

ところが

 

人生において辛く苦しいとき

 

配偶者が失敗したときも

 

当然遭遇します。

 

そこに生ずるのが連帯です。

 

その連帯を受け入れて

 

共に生きていくのが修復であり

 

その連帯から離れて

 

独立するのが離婚とも言えます。

 

連帯と独立

 

いずれかを選ぶのに必要なことは

 

「良い悪い」という世間のジャッジではなく

 

ご自身の覚悟です。

 

 

離婚・夫婦問題・養育費・慰謝料でお困りの方は
川越・富士見市エリア
東武東上線ふじみ野駅徒歩3分
初回法律相談30分無料
夫婦・離婚問題カウンセリング対応の法律事務所
志摩法律事務所へご相談下さい
℡ 049-256-8080(予約制)
平日9:00~18:00 土曜日9:00~13:00

 

投稿者: 志摩法律事務所

2020.02.08更新

 

こんにちは 

 

志摩法律事務所の夫婦・離婚問題カウンセラー松本直美です。

 

コロナウィルスの報道に伴う

 

「マスク不足問題」

 

そして

 

連日報道される

 

有名人の不倫報道から

 

ふと

 

「モグラのねがいごと」

 

というお話が重なるように感じました。

 

もぐら

モグラのねがいごと

ブリッダ・テッケントラップ 作

三原 泉 訳

BL出版

 

「せかいじゅうの星が、

 

ぼくのものに

 

なりますように」(本文まま)

 

そんなモグラの

 

その願いが叶うと同時に

 

困ってしまう森の動物たちのたくさんいるのです。

 

今の社会を見渡すと

 

不安な要素はたくさんございます。

 

先が見えない

 

正体がわからない

 

結果がわからない

 

そのような不安が蓄積されていくと

 

「退行化」

 

が起こります。

 

退行化とは

 

自分さえよければいい

 

という未熟であり

 

幼稚な思考です。

 

現在騒がれている

 

「マスク売り切れ」

 

「マスク転売」の問題

 

そして

 

傷つく人がいることが

 

わかっていながらの

 

不倫問題。

 

人を好きになることは

 

止められるものでもありません。

 

しかし

 

そこには

 

大人としての

 

流儀もあるでしょう。

 

「妻と別れるつもりだ」

 

というコトバを信じるならば

 

「別れてから出直してこい!」

 

くらい言い切ることが出来れば

 

腹も括り

 

潔さも感じます。

 

いずれにしても

 

何かが欲しい

 

自分のものにしたい

 

という欲望を前にして

 

それが本当に

 

必要なものなのか

 

モグラのねがいごとは

 

読み手にたいして

 

その答えを導き出す

 

ヒントを与えてくれてるかのようです。

 

ご来所の際に

 

お手にとって

 

お読みください。

 

 

離婚・夫婦問題・養育費・慰謝料でお困りの方は
川越・富士見市エリア
東武東上線ふじみ野駅徒歩3分
初回法律相談30分無料
夫婦・離婚問題カウンセリング対応の法律事務所
志摩法律事務所へご相談下さい
℡ 049-256-8080(予約制)
平日9:00~18:00 土曜日9:00~13:00

 

 

投稿者: 志摩法律事務所

2020.01.25更新

 

こんにちは 

 

志摩法律事務所の夫婦・離婚問題カウンセラー松本直美です。

 

ストレスの3大原因は

 

「人間関係」「お金」「住居」と言われております。

 

当事務所の様々な相談内容や事件内容を考えても

 

この3大要因に当てはまるケースは多いと考えます。

 

わたくしは

 

最近のニュースや社会の流れの中で、

 

このほかにも「情報」というものが

 

大きくストレスの原因になるのではないか?

 

と思うことがしばしばあります。

 

断捨離ブームですっきりするのも選択肢ですが

 

本当に必要なものを処分してしまっては

 

意味がありません。

 

流行する数々のダイエット方法も 

 

本当にそれが正しいのか?

 

という疑問は

 

ブームが終わった頃に

 

新しい見解が出てきたりして

 

情報に踊らされる人々

 

がどれほどいるのだろうか

 

と思うことがあります。

 

流行を発信する側は

 

「人がやっているから自分も始めないと」

 

という心理に上手に作用します。

 

そしてやみくもに

 

手に入れることばかりを考えていると

 

やがて疲れ果ててしまいます。

 

本当にやりたいことは何だろうか?

 

本当に欲しいものは何だろうか?

 

一度立ち止まることも大変重要です。

 

忙しくすることばかりが幸せでもないし

 

充実しているわけでもありません。

 

時には

 

何もしないことをやりたい!

 

情報を遮断して

 

のんびりと過ごす。

 

そんな選択もおおいに結構ではないでしょうか。

 

 

 

離婚・夫婦問題・養育費・慰謝料でお困りの方は
川越・富士見市エリア
東武東上線ふじみ野駅徒歩3分
初回法律相談30分無料
夫婦・離婚問題カウンセリング対応の法律事務所
志摩法律事務所へご相談下さい
℡ 049-256-8080(予約制)
平日9:00~18:00 土曜日9:00~13:00

 

投稿者: 志摩法律事務所

2019.11.02更新

 

こんにちは 

 

志摩法律事務所の夫婦・離婚問題カウンセラー松本直美です。

 

今月ご紹介するのは

 

11

 

「100年たったら」

 

文 石井睦美 絵 あべ弘士

 

アリス館

 

今回ご紹介する100年たったら

 

こちらは

 

壮大なロマンの中で

 

繰り広げられる「ご縁」の物語です。

 

私たちの人生の中で

 

喪失感を避けて通ることはできません。

 

家族との死別

 

転校などのお友達との別れ

 

ペットとの別れ

 

子どもたちの巣立ち

 

失恋や離婚などの別れ

 

大切なものを紛失すること

 

数えればキリがありません。

 

喪失体験という

 

悲しみや寂しさを乗り越えた先にあるものは・・・・

 

読み終える頃には

 

優しくて暖かい

 

そんなお気持ちになっていただけそうな一冊です。

 

こちらの絵を描かれている

 

あべ弘士さんは

 

旭山動物園にて25年飼育員をなさっていた方です。

 

動物たちの細かい生態までをご存じの方だからこそ

 

そして

 

生き物たちへの優しいまなざしをお持ちだからこそ

 

ページをめくるごとに

 

草のにおい

 

海のかおり

 

森の空気

 

などなど

 

読み手の想像力を掻き立てられます。

 

ご来所の際にはぜひお手に取ってお楽しみください。

 

離婚・夫婦問題・養育費・慰謝料でお困りの方は
川越・富士見市エリア
東武東上線ふじみ野駅徒歩3分
初回法律相談30分無料
夫婦・離婚問題カウンセリング対応の法律事務所
志摩法律事務所へご相談下さい
℡ 049-256-8080(予約制)
平日9:00~18:00 土曜日9:00~13:00

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 志摩法律事務所

2019.10.05更新

こんにちは 

志摩法律事務所の夫婦・離婚問題カウンセラー松本直美です。

 

今月の絵本は

「かべのむこうになにがある」

ブリッダ・テッケントラップ 作 

風木一人 訳

BL出版

 

こちらをご紹介いたします。

 

作者であるブリッダ・テッケントラップさんは

 

ベルリン在住でご活躍なさっている作家です。

 

ベルリンと聞いて

 

「ベルリンの壁」を思い出される方も

 

おいでかもしれません。

 

あの分厚く

 

頑丈で

 

高くそびえる壁が

 

無くなるとは

 

思えない過去もありました。

 

時代が変わり

 

歴史が変わり

 

壁はなくなりました。

 

我々もまた

 

ココロの中に

 

様々な壁を抱えていることがあります。

 

~できるはずがない

 

こんなことをしたら笑われるかな

 

今更こんなことを始めても・・・・

 

自分の夢や希望を

 

もう一人の自分が

 

足を引っ張るイメージ。

 

角度を変えてお話しをすると

 

エゴとは

 

自分自身が作り出す

 

恐れである

 

と言われています。

 

エゴは

 

自分の行動だけでなく

 

周囲の行動にまで

 

制限をかけようとします。

 

「あなたのためを思って言うのだ!」

 

「そんなの親のエゴだ!」

 

というやり取りは

 

どこかで耳になさったことがあると思います。

 

そんなエゴを抱えて生きるのも

 

エゴを捨てて自由に生きるのも

 

どちらも善悪はありません。

 

「こわいとおもうから

 

こわいものが みえるんだ」

 

「ゆうきがあれば ほんとうのものがみえる。

 

いきていれば たくさんのかべに であうものさ。

 

でもそのほとんどは

 

ただの まぼろしだ。」(本文より)

 

ちいさなねずみ君の冒険から

 

エゴに対する考え方を

 

変える勇気をもらえるかもしれません!

 

壁のむこう1

表紙を外すと

 

美しい世界がflowerrabbitboarflower2horsemouse

 

ご来所時に

 

お手に取って

 

ご覧ください。

かべ2

 

 

離婚・夫婦問題・養育費・慰謝料でお困りの方は
川越・富士見市エリア
東武東上線ふじみ野駅徒歩3分
初回法律相談30分無料
夫婦・離婚問題カウンセリング対応の法律事務所
志摩法律事務所へご相談下さい
℡ 049-256-8080(予約制)
平日9:00~18:00 土曜日9:00~13:00

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 志摩法律事務所

2019.07.06更新

 

こんにちは 

 志摩法律事務所の夫婦・離婚問題カウンセラー松本直美です。

 

当事務所から不定期にお届けしている

 

事務所通信を更新いたしました。

 

志摩弁護士からのメッセージ

(↑クリックしてご覧いただけます)

 

今回

 

志摩弁護士は

 

先月他界なさった

 

弁護士 小川修先生について

 

お人柄や思い出を綴っております。

 

わたくしも数回

 

お目にかかったことがございますが

 

とても優しく

 

そして

 

ご自身の研究なさっていた「心霊学」や

 

「パラレルワールド」のお話しも興味深く

 

かじりたての知識だけの私でも

 

ワクワクと

 

そして時には

 

深くココロに沁み込むお話しをお聞かせ下さいました。

 

もっともココロに残っているのは

 

「愛」とは何か?

 

というお話でした。

 

愛とは

 

自他一体であり

 

上下がなく対等であり一体である。

 

愛でないものは別の存在であり、上下がある。

 

愛の気持ちをもって行動することが善。

 

愛の行いが善。

 

愛に背くのが悪。

 

悪とは

 

万物別体。

 

相手が困ろうと自分が良ければいい。

 

相手を脅したり

 

相手から奪うことは自分を脅すことになる。

 

精神を成長させるためには

 

愛を具現化していくことだ

 

このようなことを教えて下さいました。

 

さて今月の絵本は

 

こちらを置いて

 

みなさまをお待ちしております。

 

わすれられないおくりもの

スーザン・バレイ 作絵

評論社

 

~アナグマは死ぬことをおそれていません。

 

死んでからだがなくなっても、

 

心は残ることを、知っていたからです。~

 

読む人それぞれのココロの中にある

 

わすれられないおくりものを

 

優しく思い出させてくれるような一冊です。

 

わすれられないおくりもの

 

離婚・夫婦問題・養育費・慰謝料でお困りの方は
川越・富士見市エリア
東武東上線ふじみ野駅徒歩3分
初回法律相談30分無料
夫婦・離婚問題カウンセリング対応の法律事務所
志摩法律事務所へご相談下さい
℡ 049-256-8080(予約制)
平日9:00~18:00 土曜日9:00~13:00

 

 

 

 

 

投稿者: 志摩法律事務所

2019.06.08更新

こんにちは 

 

志摩法律事務所の夫婦・離婚問題カウンセラー松本直美です。

 

このたび

 

絵本セラピスト協会認定

 

基礎絵本セラピスト®の認定証を頂きました。

 

大人に絵本?

 

と思われる方も多いかと思います。

 

実はわたくしも

 

絵本を手に取ったのはこども時代以来です。

 

偶然手に取った絵本に癒され

 

その計り知れない癒しのチカラに感動した勢いで

 

絵本セラピーの学びの場に飛び込んでまいりました。

 

事務所の待合室に

 

月替わりで絵本を置いてまいります。

 

ご来所の際には

 

是非お手に取って

 

絵本の世界に触れていただける機会になればと思います。

絵本

今月の1冊は「しあわせなふくろう」

 

福音館書店

 

ホイテーマ 文 チェレスチーノ・ピヤッチ 絵

 

オランダ民話です。

 

「しあわせ」ってどこにも売ってないですね。

 

どうやって手に入れて

 

どうやってしあわせと感じるのでしょうか。

 

あらためて

 

絵本の世界に足を踏み入れると

 

お子さまだけでのものではない

 

と実感できるかもしれません。

認定

 

離婚・夫婦問題・養育費・慰謝料でお困りの方は
川越・富士見市エリア
東武東上線ふじみ野駅徒歩3分
初回法律相談30分無料
夫婦・離婚問題カウンセリング対応の法律事務所
志摩法律事務所へご相談下さい
℡ 049-256-8080(予約制)
平日9:00~18:00 土曜日9:00~13:00

 

 

 

 

 

 

投稿者: 志摩法律事務所

2019.01.26更新

トラブルが生じたとき

 

金銭で解決できるものから

 

金銭で解決したものの

 

気持ちの整理が出来ない状態になってしまう

 

ということもあるかと思います。

 

これはご本人も

 

周囲のご家族やご友人など

 

親しい間の関係にも

 

しんどい状況になってしまうかと思います。

 

 

気持ちの整理がつかない中心にあるものは

 

「感情」です。

 

感情は

 

さまざまな事柄に対する反応でもあります。

 

この反応は

 

人によって違います。

 

ですから

 

「なんでそんな些細なことで落ち込むのだろう?」

 

とか

 

「あの人はちっとも私の気持ちなんかわかってくれない」

 

というシーンもみなさまご経験あるのではないでしょうか。

 

ではなぜ

 

人によって受け止め方に違いが出てくるのか

 

その源泉に迫るお話をしてまいります。

 

私たちは

 

生まれたときに

 

子どもの権利の目録を

 

手にして生まれてきます。

 

その目録は

 

誰かの期待通りの存在だからでなく

 

ただありのままの自分として大切にされること。

 

親の喪失感を埋め合わせるための存在でなく

 

その子自身として慈しんで育てられる。

 

一貫性と安全と温かさと理解を与えられ

 

無条件で愛される。

 

ひどく傷つく状況から守られる。

 

これらの権利が奪われると

 

「お前には価値がない、お前は必要ではない、邪魔だ」

 

というメッセージが与えられて

 

これが依存症や

 

様々な問題の根源になる

 

「見捨てられ感」(喪失感)として

 

その人のココロに大きく影響を及ぼします。 

 

親の期待にこたえなければ

 

価値がないという

 

強迫観念をもって育ってしまう場合もあります。

 

 

親が成しえなかった職業に就くために

 

まるで親の代理人のように

 

親の夢を実現するために

 

自分を追い込む人もおいでです。

 

 

親が忙しいときには

 

全く気にもかけてもらえず

 

親の気に入ったことだけをした時には

 

驚くほどに態度に違いがある

 

という環境もあります。

 

友人関係や学校で

 

つらい思いや悲しい思いをする

 

お友達の転校や

 

かわいがっていたペットの死を

 

悲しむ幼い気持ちに寄り添うことなく

 

「いつまで泣いているんだ」

 

「また新しい友達を作ればいいじゃないか」

 

「新しい犬を飼ってあげるからもう泣くな」

 

などと感情を出すことさえ

 

禁止されてしまう場合もあります。

 

本当は在るだけでいいはずなのに

 

様々な条件やハードルを乗り越えながら

 

私たちは大人になってきました。

 

本当はもっと話を聞いて欲しかった。

 

本当はうれしい出来事

 

を一緒に喜んで欲しかった。

 

本当は親の希望ではない違う道に進みたかった。

 

様々な気持ちが湧いてくるかもしれません。

 

そのやりきれない気持ちや

 

ザワザワする感覚が

 

大人になって

 

目の前に起きたトラブルに反応するのです。

 

一例ですが

 

配偶者の浮気が発覚して激怒する。

 

「裏切られた!あんなに尽くしてきた自分の気持ちはそうなるのだ」

 

という怒りの根底には

 

幼少期の親子関係における

 

在りのままの自分を

 

認めてもらえなかった悲しみが

 

「浮気」という現実問題によって

 

反応してしまうのです。

 

浮気問題に限らずに

 

様々な問題の根底に

 

地雷のように幼少期の喪失感が横たわっています。

 

この喪失感を

 

見て見ぬふりをする

 

ココロの痛み止めに

 

人やモノを使うと依存症へつながっていきます。

 

常にあぶなっかしい恋愛をしている

 

ギャンブルがやめられないなど

 

いろんな困ったケースがあふれております。

 

では、健康的に見捨てられ感を慰め

 

癒すにはどうしたらいいのでしょうか。

 

私がみなさまにご提案することは「五感」を使うです。

 

自分にとって

 

美味しいもの

 

美しいもの

 

居心地の良い音楽

 

気持ちのよい感覚。

 

決して人に合わせるのではなく

 

ご自身で選ぶことです。

 

幼少期の喪失感を多く抱える方は

 

ご自身で選ぶことがとても苦手です。

 

それは親御さんから

 

「~しなさい」と言われたり

 

「~しなければならない」と

 

いつも自分を後回しにする習慣が

 

ついてしまっているからです。

 

食事に行くときに

 

「何が食べたい?」と聞かれて

 

「なんでもいい」と答えることはございませんか。

 

本当はさっぱりしたものが食べたいけど

 

みんながイタリアンっていうから仕方ないな

 

など自分を蔑ろにしてしまう習慣は案外あるものです。

 

自分が~したい

 

と伝えるのは

 

わがままでもなく

 

自分勝手でもありません。

 

それは幼い頃に

 

大人の都合だけで

 

自分の希望を聞き入れてもらえなかった

 

過去の経験が

 

その思考を生んでいるだけです。

 

私は~がしたいけどあなたはどうですか?

 

相手が違う希望ならば

 

今回は私の希望で次回はあなた

 

というかんじで

 

折り合いをつけて

 

建設的な関係を構築していくことで

 

自分の意見もきちんと言えることになるかと思います。

 

大人になったあなたを育てるのは

 

親ではなく

 

配偶者やパートナーでもなく

 

自分自身です。

 

喪失感を抱えた遠い日のあの子(幼い頃の自分)を

 

抱きしめてあげらるのもご自身なのです。

 

そうすることで

 

トラブルが起きても

 

感情だけに振り回されずに

 

対処できる冷静で知的な人としての対応ができることと考えます。

 

 

離婚・夫婦問題・養育費・慰謝料でお困りの方は
川越・富士見市エリア
東武東上線ふじみ野駅徒歩3分
初回法律相談30分無料
夫婦・離婚問題カウンセリング対応の法律事務所
志摩法律事務所へご相談下さい
℡ 049-256-8080(予約制)
平日9:00~18:00 土曜日9:00~13:00

 

投稿者: 志摩法律事務所

前へ
初回30分無料相談受付中 メールの無料相談はこちら
弁護士ブログ 離婚カウンセラーブログ Q&Aブログ オフィシャルサイト