カウンセラーブログ

2015.09.23更新

こんにちは 志摩法律事務所の夫婦・離婚問題カウンセラー松本直美です

 

 

ではそのような状態かもしれない?

とご自身で気づかれた場合

具体的にどうしたらいいのでしょうか?

 

 


DVの被害者かもしれない・・・

 


でも警察に届けるほどのことはないし

それに外部へ相談することもためらってしまう・・・


365日、そういった状態ではないし・・・


それに、大げさなことはためらってしまう・・・

 

 


DVのサイクルの中にいると

ご自身の判断は難しいかもしれません。

 


今お困りのあなたの状態を否定することなく

客観的に理解できる資料やレクチャーを通して

ご自身の有り様を振り返ることが出来る

カウンセリングスタイルを

選ぶことをオススメいたしますni

 

 


というのは

カウンセラーにも

いろいろな方法を取る方がおいでなのですが

「あなたは~なのだから○○しなさい」とか

「もっと○○しなければダメ」

「二度と○○をしないように」など

まるで指示であったり命令であるような方法を取るケースは

とてもじゃないですが

カウンセリングとは程遠いスタイルだと思うのですtears

 

 


それは

「暴力を受けるとどんな影響が出てくるのか」の章でもお話しましたが

長年の生活習慣の中で

「私が悪いからこうなった」

という思考が出来てしまうと

ご自身で判断したり選択することが難しい状態になりがちです。

 

 


その状態で

命令や指示のようなカウンセリングを行うことは

DVの環境を再演している以外考えられない

と私は思うのです。

 

 


残念ながら

忙しく有名なカウンセラーほどこの傾向が強いと思います。

 

過去に受けた相談をパターン化してしまうと

対応がマニュアル化してしまい

目の前のクライアントと向き合うのでなく

その「事態」と向き合ってしまうのです。

 

 

クライアントの心が

置いてきぼりになるようなセッションは

本来の解決、回復に向かうものではない

と私は考えます。

 

 

DVには多くの原因があると考えます。

 

幼少期の親子関係

愛着問題

共依存といった依存の問題

見捨てられ不安

境界線の問題など

 


当事務所のカウンセリングでは

これらのレクチャーを含めながら、進行していくことが可能ですflower2

 

 


離婚・夫婦問題・養育費・慰謝料でお困りの方は
川越・富士見市エリア
東武東上線ふじみ野駅徒歩3分

初回法律相談30分無料

夫婦・離婚問題カウンセリング対応の法律事務所
志摩法律事務所へご相談下さい

℡ 049-256-8080(予約制)
平日9:00~18:00 土曜日9:00~13:00

投稿者: 志摩法律事務所

初回30分無料相談受付中 メールの無料相談はこちら
弁護士ブログ 離婚カウンセラーブログ Q&Aブログ オフィシャルサイト